IoTを簡単に分かりやすく解説

IoTを簡単に分かりやすく

最近「IoT」というワードを良く聞きますが、良く分からないという方も多いのではないのでしょうか?

 

当サイトでは、今後間違いなく革命を起こすと言われている「IoT」を分かり易く解説しながらも最新情報をお伝えしていきます。

 

IoTを簡単に言うと?

「IoT」とは、Internet of Thingの略で、モノにセンサーが組み込まれて直接ネットに繋がり、直接通信できるような仕組みのことです。

 

キーワードは、「モノ」、「センサー」、「インターネット」です。

 

分かり易く言うと、「モノ」に「センサー」が組み込まれて、自動で「ネット」に繋がりアクションを「モノ」が起こす仕組みです。一例をあげます。

 

「メガネ」に「センサー」が組み込まれ・・・眼球の動きなどから眠気や疲れを感知してお知らせをしてくれる。
「冷蔵庫」に「センサー」が組み込まれ・・・足りない食材をお知らせしてくれる。

 

これは、あくまで分かり易く説明する為の一例で、正直魅力を感じないかもしれません。また、IoTを活かしたビジネスモデルや商品・サービスのアイディはまだ画期的なものがなく、逆に斬新なアイディアを出せれば、革命を起こすことが出来ます。

 

IoTの具体的事例や登場しそうなものは?

IoT 事例

IoTでインターネットとあらゆるモノがつながり、様々なイノベーションが起こることは、確実と言われていますし、メリットは何となく分かると思います。具体的にどういったイノベーションが可能なのかいくつか例を挙げて紹介したいと思います。

 

まず、わかりすくインフラの世界です。これからはあらゆるインフラ、例えば、ビル、工場、道路、橋、下水道といった設備に適切なセンサーや制御用デバイスを設置することで設備更新のタイミングや修理状況などの把握能力が格段にあがり、管理がしやすくなります。

 

また、運輸業界においてもあらゆる運搬物にセンサーが付与され、インターネットで管理することでロジスティクスの品質と効率を向上し、運用コストを下げることもできるようになります。

 

また、工場での生産においてもあらゆるパーツにIPアドレスやセンサーが付与されることによって、出荷後のデータを把握することも可能となり、歩留まり率改善、さらには次期商品開発への貴重なデータを取ることができるようになります。

 

もちろん、家庭でもあらゆる家電品がインターネットとつながることにより利便性も高まります。いずれにせよ、これから必要とされるIPアドレスは膨大になり、そのIOTを制御するためのクラウドシステムの複雑化することが想定されます。

 

IoTをより深く本質を学ぶ

IoTをより深く本質を学ぶ場合、まずは下記の動画がオススメです。時間も3分程度と短いですし、分かり易く、本質をついています。

 

更新履歴